oshigotoの日記

仕事のことについて書いているブログです。

高齢者の転倒は、自宅が多い

在宅生活を送る高齢者に関わるうえで、最も配慮すべき点は転倒予防です。訪問看護ステーションでは、カンファレンスという利用者の状態を職員間で共有する時間が設けられていますが、その時に話題となることが転倒についてです。特に、病院から退院してきたばかりの利用者に対しては、慎重に転倒予防の検討がされます。

 

高齢者は、年齢とともに筋力が低下し、動作時のバランス調節機能が低下します。それとともに、骨密度は減少し、少しの刺激で簡単に骨折を引き起こしやすくなります。骨折をした場合、治りは遅く、筋力低下も加速させてしまうため、歩けていた人が車椅子生活になる可能性があるだけではなく、一人で立ち上がれないくらいに筋力が低下してしまうと介護を必要とするようになってしまいます。在宅生活を継続して行うためには、介護者がどこまでの介護が行えるのかという介護力よりも、介護負担が大きくならないように身体機能を維持する必要があります。そして、転倒の発生で最も多い場所は、自宅なのです。そのため、転倒予防が大切です。

 

病院では、通路に手すりが設置されており、段差も解消された整った環境です。注意力・認知力が低下している高齢者では、転倒の危険性が高くなります。そのため、病院と違い自宅で関わる際には、「危ないところに物が置かれていないか」「つまずく危険性の高いところはないか」等、転倒予防に配慮して関わっています。そして、転倒の危険性を少なくするために、個々に合った福祉用具を利用しています。